迷路。

歩くのががすきなわけですが
実は方向音痴なんデス。
しかもかなり重度の。

この前もふいにある路地の風景が気にいってぶらりと入ったのはいいものの
入ってしばらくしたらまったく方向の感覚がなくなってしまって
来た道を戻ればいいのにそのままただひたすら前進していたら
最初の地点から4駅分くらいの離れた所まで来てしまってた。
そんな長く歩いた気がしてなかったのに
時計をみたら一時間半近く歩いてた。

こんなことがよくあります。

自分で重度の方向音痴だって自覚があるなら
「ふいに」なんてしなきゃいいはずなんですけどね。
おかしな話デス。
[PR]
# by caramelcube | 2005-09-21 11:01 | ジブン。

琴線。

ひとりでは感じ得ないなんともいえない感覚を味わった。
たったひとりのヒトがとなりに帰ってくるだけで。

今までのモヤモヤが嘘のようにふっと消え
楽になり優しい気持ちになり安らかになり心軽やかになる。
そうすると今度は足どりまで軽やかになって
右上がりだった体重さえ激減したような気になる。
勝手に体が走りだしたくなる。

なんだろうなにがかわったというわけでもないのに。

こんな気持ちには初めてなった。

これが『しあわせ』という感覚なのだろか。

少し戸惑った。

なんだかここに書いておきたくなった。
[PR]
# by caramelcube | 2005-09-19 11:56 | シコウ。

8×4。

近所の公園のベンチでおっちゃんがひとやすみしていた。
しばらくすると鞄から制汗スプレーを取り出して
シュッシュしはじめた。
しかも大量撒布。
なんだか可笑しかった。
なんの香りのだったのかちょっと気になる。
[PR]
# by caramelcube | 2005-09-18 09:32 | オモヒデ。

徘徊。

最近時間がある時に意味もなく歩くのがスキだ。
目的地があるわけでもなく
時間が決まっているわけでもなく
はじまりも終わりも突然。

歩いている時はなにか特別考えているわけでもなく
周りの建物や木々や人々をぼーっと観たり
空を仰いでみたり
ただ前をみてひたすらまっすぐ歩いてみたりする。
カメラというものを持って歩いていないので
キレイだなぁと思う景色があっても
目や記憶に焼き付けておくことしかできなくて
あとでヒトに教えたくなっても
話だけでは伝わらなかったり
また同じ場所にいっても
その時観たものが観れなかったりする時もあり
すごく惜しい気持ちになったりするので
やっぱりカメラを持って歩こうかと思うのだけど
あいにく自分にはセンスというものもなく
なかなか思ったようにとれそうにない。

だからとりあえずこの徘徊に
誰かを付き合わせてみようかなどと考えてもみたけれど
なかなか自分がヒマな時間にちょうどよくヒマなんていうヒトはいないので
やっぱり今日も空き時間にひとりで歩いてみた。

まぁこれはこれでひとりで歩くからいいのかもしれない。
ふたりで歩いたらまたふたりで歩いた良さもあって
大勢で歩いたらまた大勢の良さがあるのだろう。
ん?やっぱり誰かと歩くのもアリか?という結論により
今週末あたりは誰かを巻き添えにしようと企んでいる。
[PR]
# by caramelcube | 2005-09-15 20:32 | シコウ。

同じ星の上で。

お~いみんなげんきかい?
ニュアンスは違ったような気がするけどこんな歌あったな。

この時間みんな何してるんだろう。
たいていのヒトは仕事かな。
家事をしているヒトもいるかな。
授業を受けてる学生さんもいるかな。
旅をしてるヒトもいるかな。
誰かを想って空を仰いでいるヒトもいるかな。
笑ってるかな。泣いてるかな。怒ってるかな。
まだ寝てるヒトもいるかな。

自分は今そんなコトを思いながらパソコンにむかっていマス。
[PR]
# by caramelcube | 2005-09-12 09:39 | ジブン。

珈琲。

最近密かにはまっている事。
グラス半分にブラックの珈琲をいれておいて凍らせて
凍ったヤツにミルクを注いで飲む事。
アホなマイブームデス。
よくある氷珈琲ってヤツの
なかなか溶け出してこない版みたいな感じ。
意外といける。
[PR]
# by caramelcube | 2005-09-11 10:19 | タベモノ。

きのうの出来事。

昨晩外へでかけようとして
玄関を出たら雨がぽつぽつしてきた。

なんちゅうタイミングで振り出すんだって思ったけど
小雨だったのでいっかと思ってそのまま歩いた。
でてすぐに雨が降ったのだから傘をとりに帰ればよかったのに
なんかめんどくさくてそのままでかけた。

そしたら家から離れるにつれて雨がどしゃぶりになって
とうとう歩いていられなくて避難した。

公園で雨宿り。
ぴちっぽちゃぴちゃ。
側の池に雨が落ちる音を聞いていた。
ライトの光で雨がひかっていた。
あぁこんなこともたまにはいいなぁって思った。

ふと『となりのトトロ』の中でサツキとメイが
雨の中お父さんの帰りを待っていた映像が浮かんだ。

4、5分したら雨がやんだのでまた歩きだした。
雨に打たれたのに不思議と心も体も足どりも軽やかになった。
[PR]
# by caramelcube | 2005-09-10 14:47 | オモヒデ。